So-net無料ブログ作成

京都タワー [街]

京都タワー3.jpg
下から見上げたタワー

京都タワー2.jpg
駅の壁に映ったタワー

京都タワー1.jpg
駅の中から見えるタワー

京都タワー、なんだかこれ、ローソクにも似てますよね。
本当は灯台をイメージして設計されたそうです。

私の好きな漫画家さんに、グレゴリ青山という京都出身の方がいらっしゃいます。
「しぶちん京都」という本が旅行のコーナーにあるんですが、
http://www.amazon.co.jp/しぶちん京都-グレゴリ青山/dp/4840117012 ←中身少し見られます
これ、特に関西人には最高です。
あるある!知ってる!そうそう!という感じで(^m^ )
例えば、昔懐かしローカルCMの紹介や、あの店この店のあんなこと、こんなこと。
他府県の方も、へぇー、そうなんだーっていう発見があると思いますよ。
しかも、笑えるんです(^m^ )

そういえば、転勤族が集まってお喋り。
世界名作劇場というのが子どもの頃、日曜の楽しみでした。
提供はカルピスだったような?その前のサザエさんは東芝だった?
日曜の朝だか、夜だか忘れましたが、提供の話題でこんなのがありました。

関西人「パルナスやんなぁ!」関東人「文明堂よ!」

そこで私たち、初めて知りました。関西と関東では全国放送のアニメでもCMが違う???


パルナス...これ、けっこう怖かったんですよね( ̄▽ ̄;


こちらは文明堂...ラインダンス、これは知らなかった...( ̄▽ ̄;




餅つき [行事]

炭火おこし.jpg

餅.jpg

餅つき.jpg

全てSONY Cyber-Shotで撮影

もう3、4年前のことです。次男が小学生の頃。
当時は専業主婦でしたし、学校行事には積極的に参加しました。
PTAの役員もしましたし、炭火体験も保護者のお手伝い募集があり、参加したときのひとこまです。
子どもたちと一緒に作業するのは楽しいですよ。
みんないい表情しています。

気高く [自然]

アンスリウム.jpg
ピンクのアンスリウム

猫.jpg
堂々とした猫

菊.jpg
鮮やかな菊

この猫ちゃん、驚きました。
じーっと目を合わせたまま、こちらに歩いてきます。
全く動じません。
そのまま、「どけ」と言わんばかりに、私の脚に身体を強引に触れさせながら、通り過ぎました(^^;

ピンクのアンスリウム、私は初めて見ました。
菊もアンスリウムも、とっても鮮やかで、キュートで気品がありました。





灯 / 365日 [音楽・映像]

灯1.jpg

灯3.jpg

以前、在るお店でとっても雰囲気のよい照明があったので、撮らせていただきました。
寒さが増してきて、温かい灯、キャンドルなどが恋しい季節になりましたね。

今週は、もう12月。
今夜は、大河ドラマも最終回を迎え、来週は待ちに待った「坂の上の雲」最終章の放送です。

蛍光灯のなかった時代、闇を照らす灯は、全てこんなオレンジがかった温かい灯だったのですね。
時代とともに、灯は熱を伴わない単なる「明かり」に過ぎなくなりつつありますね。

キャンドルのような灯からイメージする歌、私はこれです。
人々が一年間で愛し合える日数...365日、素敵ですね。



〜Mr.Children 365日〜


聞こえてくる 流れてくる

君を巡る 抑えようのない想いがここにあんだ

耳を塞いでも鳴り響いてる


君が好き 分かっている 馬鹿げている

でもどうしようもない

目覚めた瞬間から また夢の中

もうずっと君の夢を見てんだ


同じ気持ちでいてくれたらいいな

針の穴に通すような願いを繋いで


365日の言葉を持たぬラブレター

とりとめなく ただ君を書き連ねる

明かりを灯し続けよう

心の中のキャンドルに

フーっと風が吹いても消えたりしないように


例えば「自由」例えば「夢」

盾にしてたどんなフレーズも

効力(ちから)を無くしたんだ

君が放つ稲光に魅せられて


「ひとりきりの方が気楽でいいや」

そんな臆病な言い逃れはもう終わりにしなくちゃ


砂漠の街に住んでても

君がそこにいさえすれば

きっと渇きなど忘れて暮らせる

そんなこと考えてたら

遠い空の綿菓子が

ふわっと僕らの街に

剥がれて落ちた


君に触れたい 心にキスしたい

昨日よりも深い場所で君と出逢いたい


365日の心に綴るラブレター

情熱に身を委ねて書き連ねる

明かりを守り続けよう

君の心のキャンドルに

フーっと風が吹いても消えぬように

365日の君に捧げる愛の詩


聞こえてくる 流れてくる

君を巡る 想いのすべてよ

どうか君に届け


Mr.Childrenと震災 [音楽・映像]

sense 3.jpg

sense 2.jpg

sense 1.jpg

「おかん、はい、これ」

長男の友人、ライブにも一緒に行ったY君が購入し、早速貸してくれました(>▽<)
あのステージの感動が、今再び!
昨日も、職場の若い子とライブの話で盛り上がりまして。るんるん!

彼女は、あれからライブ熱にとりつかれ、あちこちのライブ情報をあさっている様子。
そういえば昨年末は、長男がFM802 RADIO CRAZYのライブに行きましたっけ。
多くのアーチストが参加するものらしく、なんとなくお得感のあるもの。
http://radiocrazy.fm/

そういえば、「SENSE」ライブの最後に歌ったのが「かぞえうた」でした。
震災復興のために書き下ろした歌だそうです。

今年は、ニュージーランド・クライストチャーチでも大地震がありました。
親友家族がそこで被災し、3月に入り、避難のため一時帰国しました。
その友人ともう一人同級生と、故郷で再会するために帰省したのが3月11日でした。
震災の恐怖もまだ癒えないうちに、また襲った地震。
滋賀県なので随分遠いのですが、それでも揺れはかなりなものでした。
パニックになって叫ぶ友人夫妻、テレビには信じられない映像が...。

振り返れば、今年は多くの方が家を、家族を失い、沢山の苦しみや哀しみが人々を襲いました。
少しずつですが、人々は前へ歩き出しています。
希望の数を数えて欲しい、そんな願いをこめた歌、これがこのライブをしめくくっていました。
今NZで新しい生活を始めている友人にも、この歌を送りたいです。






昨年の南禅寺 [観光]

南禅寺.jpg

疎水.jpg

琵琶湖疎水.jpg

昨年の今頃、友人と行った南禅寺です。
また、今年も行きたいです。
今日、職場の窓から見える空は、仕事なんか放って出掛けたい程の気持ちよい空でした。
綿飴のような雲が、ぷかり。
寒いけれど、凛とした空気、陽射しの下を歩くのは気持ち良さそうです。

愛犬と南極大陸 [音楽・映像]

kouki.jpg
17年前 長男と愛犬

撮影はMINOLTA、フィルムです。
以前ご紹介しました、CANOSCAN 9000Fでのネガ・スキャンです。


ランちゃん.jpg
結婚後、両親に託し、14歳まで生きた愛犬です。
子どもたちは犬を飼いたいというけれど、ここでは犬は飼えません。

撮影は、初期の頃のSONY Cyber-shot。長男の撮影。


ドラマ「南極大陸」


昔、南極物語という映画がありましたね。
どちらも、実話とは少し異なるフィクションとなっていますが、
とにかく感動します。
犬好きの私には、もう、涙、涙(T_T)

Mr.Children TOUR 2011 “SENSE”本日リリース [音楽・映像]

sense.jpg

秋の空.jpg

2011/5/15(日)大阪、京セラドームでのライブに行ってきました。
長男は友人たちと、私は次男と夫と。
先にとっていたチケットの他に、長男の友人がライブ直前のファンクラブ抽選に当選し、3枚のチケットが浮いてしまったため、入手困難なライブ、折角だし行くか!ということで(^^)
いやぁ、ほんとに良かったですよ。
私たちの席は、オペラグラスなしでも桜井さんの顔がわかる距離。感動〜(>▽<)♪

...って、もう半年も前の出来事なんですけどね。
そして、今日11/23は、そのライブのDVD&Blu-Rayの発売日なのです。
買うか、というと...
まぁ、今のところは瞼の裏に焼き付いた映像で(^^)
http://www.mrchildren.jp/disco/video/dvd13.htmlオフィシャルサイト









伏見稲荷周辺で食べる [グルメ]

暖簾.jpg

仁志むら亭.jpg
仁志むら亭です。俳優、西村和彦さんのご実家が経営されているお店です。
鳥居をくぐって途中分岐点があり、休憩所がありますが、そこにお店はあります。
この日は残念ながらお休みでした。
年末年始は西村さんがお手伝いされると聞いています。
郵便屋さんや、宅急便の方とすれ違いましたが、お店にはどうやって材料を運んでいるのでしょうね。

休憩所.jpg
こんな休憩所が時々ありますよ。

栗.jpg

あんぱん.jpg
都麗美庵のあんぱん。駅前通りにあります。
倖田來未さんが、とんねるずの番組で、お土産に持参されたそうです。
多種のあんぱんがあります。とっても美味しいですよ。
人気店なので、昼過ぎには完売のこともあります。

お八つ.jpg
こちらは京阪で祇園まで帰ってきたところにある、八つ橋でお馴染み、西尾の茶屋「為治郎のお八ツ」
わらび餅も美味しいです。


伏見稲荷 その山の上 [観光]

末広大神.jpg

蝋燭の灯.jpg

長者社.jpg

狐の手水場.jpg

お馴染みの鳥居を越え、どんどん登ると、社があちこちに。
片隅に真っ赤な小さな鳥居が積まれ、ちょっと怖いくらいです。
でも、空気が綺麗で気持ちよいですよ。

日常を撮る、気ままに撮る・・・中学・高校バスケと京都の風景

お立ち寄り下さり、ありがとうございます。 息子たちが卒部した中学バスケ部後輩たちと、京都を中心に撮影しています。 東福寺18..jpg 東福寺14..jpg 坂の水路閣..jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。